さいたま市中央区・北与野・さいたま新都心のホワイトニング・審美歯科は、新都心アクアデンタルクリニック
さいたま市の新都心アクアデンタルクリニック

診療案内
診療科目
審美歯科・白い詰め物
料金表

医院案内
院長・スタッフ紹介
医院概要

リンク
オフィシャルサイト
インプラント専門サイト
院長ブログ

当院の衛生管理・滅菌の取り組み
審美歯科 インプラント 歯科 大宮 さいたま新都心 さいたま市|新都心アクアデンタルクリニック モバイルサイトはこちら
診療科目ご紹介|審美歯科 インプラント 歯科 大宮 さいたま新都心 さいたま市 新都心アクアデンタルクリニック

新都心アクアデンタルクリニックでは

・個室完備でプライベート感のある治療空間
・季節の植物や音
・映像を用い、五感を癒す環境
患者様が気持ちよく治療できる空間をご用意しております。

さいたま市中央区 北与野駅、さいたま新都心駅から近く、
大宮駅から車でアクセスすることも可能です。
夜8時まで診療していますので、仕事帰りにもご利用頂けます。
オールセラミック、ホワイトニングなどの審美歯科、ブリッジ・入れ歯に変わる
インプラントなどの ご相談も承っています。

インターネット予約

診療科目

一般歯科
一般診療 一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う事等で、通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と考えて戴ければ結構です。

当院では、レントゲンを撮影して各患者様の歯の健康状態や治療方針を患者様に丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけています。

一般歯科A
虫歯や歯周病の進行を防ぐには、日々の正しいブラッシングも欠かせません。

■虫歯について
むし歯は細菌によって歯の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。
そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へと進行します。
このころになると歯が痛みだします。また、象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、どんどん溶けていきます。
むし歯とは口の中の細菌が歯を溶かしてしまうおそろしい病変のことです。

■むし歯の進行
むし歯は下の@からDの順でひどくなっていきます。痛みも強くなり、治療も難しくなっていきます。

@髄(神経)まで、炎症が波及していないもの。
歯が掘れ込むのみで特に痛みはありません。

A歯髄にまで及んだもの。
いわゆるむし歯の痛みを感じるようになります。
水にしみる。キリキリ痛くなるといった症状を呈します。

B歯根膜まで及んだもの。
噛むと痛くなります。多くの場合、歯髄は死んでしまっているので、水にはしみません。
炎症が急性である場合は激痛をきたします。

C周囲歯肉にまで及んだもの。
炎症が急激である場合は、歯根膜の炎症が歯槽骨を通して歯肉にまで波及します。
痛くて噛み合わせができない。ズキズキ痛いといった痛みの上に、歯ぐきがはれてきます。

Dさらに炎症が波及したもの。
激烈な痛みとともに顔や顎の下などの口以外の部分がはれてきます。発熱することもあります。

■歯みがきの重要性
歯垢を歯みがきで常に取り除いていればむし歯にはなりません。
しかし、きちんとみがいているつもりでも、みがき残しは結構あるものです。

人それぞれにも歯みがきに癖があり、欠点があります。
この欠点は歯科衛生士に診てもらえばすぐにわかります。
欠点をなくすことが正しいみがき方の第1歩です。

■歯を磨くタイミング
むし歯の原因である歯垢が歯に付着するのに約8時間、歯垢が固まり歯ブラシでとれなくなるのに約24時間かかります。 ですから1日1回徹底的に歯みがきを行えばむし歯は防げます。
理想的なのは夜寝る前がよいでしょう。

昼間は唾液の分泌がさかんに行われていて、細菌の繁殖を押さえますが、寝ているときは唾液の分泌量が著しく低下するからです。
一番良いのはやはり毎食後行うことです。

歯周病
歯周病の主な原因は、歯と歯ぐきの境目に溜まった、歯垢(プラーク)です。プラークに含まれる細菌により発症します。プラークの除去が不十分なことで口臭も発生します。
歯周病の進行により歯を支えている組織は徐々に破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病A
歯周病とは歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、
歯根膜などの歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。
炎症が歯肉だけに限られている場合を歯肉炎といいます。
病状がさらに進行して歯を取り巻く骨にまで及んでいる場合、歯周炎(歯槽膿漏ともよばれます)といい、総称して歯周病といいます。

自覚症状が少ないため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているという危険な疾患です。従来この歯周病は中高年層が気をつける病気とされてきましたが、最近20歳前後の若い層でも歯周病が多くみうけられるようになりました。


歯周病B
●下記の症状でお困りの方、お気軽に定期検診へお越し下さい!
・歯磨きの時、歯ぐきから血が出る
・歯ぐきが下がってきたように思う
・朝起きると口の中がネバネバする
・口臭が気になる
・歯の汚れ(茶渋やたばこのヤニ)が気になる

早期発見、早期治療を行うためにも定期健診が重要ですので、
半年に1度は検診を兼ねてのクリーニングを受ける事をお勧めいたします。
理想は3ヵ月に1回です。

小児歯科
小さなお子様のお口の健康は、成長に伴う永久歯列の形成に大きな影響を及ぼします。
乳歯は将来生え替わるから、といって検査や治療を疎かにすることは良くありません。

プラークコントロールや食生活の指導など、お子様の健康なお口を保つためのお手伝いをいたします。
小児歯科

小児歯科A
少しでもお子様が痛みや恐怖を覚えないよう、細心の注意を払って診療にあたっておりますので、
お子様でも安心して受診していただけます。

定期検診も行っていますので、お子様がいつでも健康な白い歯を保っていられるよう、
定期的なチェックをお勧めします。

お子様にとって、最初に受ける歯科経験はとても重要です。
お子様が歯の治療はとても痛いものだと覚えてしまったら、その子は生涯、
歯医者さんを怖がることになってしまうかもしれません。

ですから、小児歯科では、とくに「痛くない治療」を心がけております。
歯医者さんは痛くないんだ、痛みをとってくれるんだという事実をお子様に知っていただければ、
歯の治療はぐんとスムーズになります。

もちろん、虫歯にならないための適切な歯磨きのやり方や、日常のケアを覚えることが一番大切です。
お子様の日常のケアでわからないことがあれば、何でもご相談ください。

可愛いお子様には、いつも綺麗な歯で笑顔で居てもらいたいものです。

COPYRIGHT(C) ホワイトニング・審美歯科 新都心アクアデンタルクリニック. ALL RIGHTS RESERVED.